何かを感じていれば、ええねん

ウルフルズ / iTunes originals



iTunes Music Store限定のベスト盤。
ウチの姉はウルフルズの(トータス松本の)大大ファンなので、実家のPCにモチロンダウンロードしてあるわけです。
(ワタシもその影響でけっこうウルフルズ好き)

曲目を見てると、「いい女を超えたい」とか「ガッツだぜ!!症候群」とかおもしろそうなのが入ってたので、ちょいと拝借してきました。

全26トラックだったけど、実際聞いて見るとトータス松本のしゃべりが曲と曲の間に入ってて、そのしゃべりのトラックが、「いい女を超えたい」とか「ガッツだぜ!!症候群」とかでした。曲数としては13曲。
でも「やぶれかぶれ」から始まり、年代ごとに代表曲(聞きなれた曲もアレンジ違いによって楽しめる)が並ぶ間々で、トータスが当時のエピソードを聞かせて聞かせてくれ、トータス松本の偉大さを感じることができます。
エピソードとしては、それぞれの曲の誕生秘話とか、ジョン・B・チョッパーの脱退劇&再加入劇のときのトータスの心境とか。

「サポートベーシストはうまいし問題はない。でもジョン・B・チョッパーが弾いたら問題はあるのにウルフルズにスポッとハマる。」

こんなベーシストになりたい。
うまくなくていいから唯一のプレイヤーに。

いやウマイに越したことはないが・・・


ジョン・B・チョッパーのベースはシンプルだけど楽しそうで好きだ。

そういやジョン・B・チョッパー(本名:黒田利博)は「ジョン・B・チョッパー」になる以前は他の名前だったと、昔聞いたことがある。
その名は、

「ブラック田・ヨンピル」

すごいインパクト・・・


こんなん聞いてたらウルフルズのコピーバンドやりたくなるなー!
フィーバーフィーバー!!
[PR]
by youthk_tonebender | 2006-07-04 02:08
<< リアル・ロンドン・アストリア 男の色気 >>