<   2006年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

朝のnewsです

・今日のヤフーニュース
f0031346_6203471.jpg

えぇ!!
(注:saltm○○○にも同タイトル曲がある)


MO'SOME TONEBENDER が遂にGREEN STAGE進出?!(Fuji Rock '06)
f0031346_629287.jpg

GREEN STAGEでGREEN&GOLDを・・・やるんだろうな・・
ソニックユースの前に出てほしいなぁ~
モーサム→ソニックユース→電グル→レッチリ やったらもう倒れそう。


sky jamboree '06今年も開催します!8月27日(Sun.)!

8月末かよ!
盆前にやれよ!!


smile-FM(FM長崎)求人案内

ちょびっっと遅いっちゅうの!
誰か受けてみて!!



さー帰ってアニマックスでこち亀見よう。
最近これが楽しみでね・・・
[PR]
by youthk_tonebender | 2006-05-31 06:33

私たちと同じ赤い血だわ

今日は献血をした。

今まではめんどくさいとか、なんかこわいとか、そんな理由でやってなかったけど、
そういうのがバカらしくなった。
これまでの研究室にいた何百時間よりも、献血にかかる10分程度の時間のほうが、よっぽど有意義に感じた。

そしてこうやって献血をしたことで優越感に浸ってる自分がまた、くだらねぇ!


どうでもいいけど、ウチの大学はニルヴァーナTシャツ着てる人が多い!
しかもみんな若い。
ニルヴァーナは時間が経てば経つほど、さらに若い世代の中で大きな存在になっていってるのでは・・。
[PR]
by youthk_tonebender | 2006-05-30 01:32

CALL ME

ベスト電器で見つけた

YOSHII LOVINSONのシングル、

100円。




sons of screamerの音源が届くのが待ち遠しい。

楽しみ~
[PR]
by youthk_tonebender | 2006-05-26 15:29

The velvet underground と Nico

ゆうべはyoutubeの素晴らしさを知った。

http://www.youtube.com/watch?v=ToGQ-ddfBfo
http://www.youtube.com/watch?v=aXbgdj1Pd_w

The Velvet Undergroundはアンディーウォーホルに見出されてFACTORYに入った。
ウォーホルはヴェルヴェッツの音楽には口出しをしない。
ただ一つだけの要望は「ニコをバンドに入れること」だった。
ニコはまだ名の売れないFACTORY所属のモデル。
しかしメンバーはなかなかそれを受け入れることができなかった。
それまでにルーが歌っていた曲をニコが歌うのは違った。
ルーはニコが歌うために曲を書いた。
そのため1枚目のバナナジャケのアルバムにはニコが歌う曲が3曲収まった。
しかしニコは少しずつ名が売れていき、ヴェルヴェッツも彼女を必ずしも必要としなかった。
そのため彼女がヴェルヴェッツに参加しているのは最初のアルバムのみ。

2枚目のアルバムはホワイトライト/ホワイトヒート。
このアルバム発表後、ジョンケイルが脱退。
元々前衛音楽家であった彼がいなくなることで、それ以降の3,4枚目のアルバムは実験的なものではなく、それまでよりはかなり落ち着いた雰囲気のものとなる。

個人的調査では、現在手に入るものの中ではヴェルヴェッツ現役時の動画はあまり残っていない。
こないだのドキュメンタリーDVDにはワンコーラスぐらいは入っていたが、フルコーラスのの動画の発見に非常に感動した。

ちなみに93年再結成ライブのDVDはリリースされているが、個人的にはやはりみんな歳をとってしまっててあんまり見たくない。
だからまだ見ていない。
この動画のルーリードを見るとまだまだ若く、すごくいい顔をしている。

曲の終わりの方でニコが歌うのをやめ、ルーに微笑みかける。
このころ二人はどういう関係だったのだろう・・・


イワ○に触発された!
[PR]
by youthk_tonebender | 2006-05-25 09:51

watch out the world behind you

はぁもう疲れた・・・

こんな生活続けてるせいで、音楽的感覚が失われていってるなということを先日の新歓ライブで感じ、
同時に人間としてもなんかおかしくなってきてることを最近しょっちゅう感じます。

こんな研究室抜け出してやる!!
誰か助けてー
俺をここから引きずり出してください(切実)


人に頼ってちゃだめかな。
いや、人を頼れなくなっちゃ終わりだ。
[PR]
by youthk_tonebender | 2006-05-23 05:13

おやすみなさい

アルバムのタイトルを
「レンズクリーナー」
にしたら、+αの売り上げが見込めるのでは・・・
[PR]
by youthk_tonebender | 2006-05-17 05:55

あなたの夢はなんですか

おいおいおいおい!!
やはりラカンターズは出演決定したものの、フィッシュマンズまでも!!
涙涙・・・

http://59.106.12.188/fro06/2006/05/6.php

フジがオレに手招きしている!!
イワミヤ早くチケットゲットしようぜ!
みんな試験のことなんて忘れて行ってしまおう!!


・The Racounteurs(ザ・ラカンターズ)
話題となっていた、ホワイト・ストライプスのジャック・ホワイト、ブレンダン・ベンソン、グリーンホーンズのジャック・ローレンスとパトリック・キーラーという最強のメンバーが集まり結成したバンド、ラカンターズ(HMVレビューより抜粋)

やっぱりジャックも普通にバンドやりたかったのかな・・・
それともいつもメグと二人っきりで気まずくなったのかな・・・
(ホワイトストライプスはジャックホワイト/ギターボーカルとメグホワイト/ドラムの二人組)
最初試聴したとき、「こんな普通のロックバンドやるんだったらジャックじゃなくていいじゃん」とか思ってしまったものの、先日結局買ってしまった。
しかしドラムが上手すぎる!
やはりストライプスファンとしてはメグの不安定だけど趣のあるドラムがあってこそあのグルーヴが生まれると思うからちょっと受け入れがたい。
これが第一印象なので、これからこれから。


・Fishmans(フィッシュマンズ)
日本におけるダブ・ポップ/ロック・バンドといえば、まずフィッシュマンズ(HMV
レビューより抜粋)。
1987年、5人組で結成されたこのバンドは、メンバーの脱退劇などを経験しながらも、多くの若者の支持を着実に掴む。
しかし1999年、ボーカル佐藤伸治が急逝。原因は現在も非公開。
このままバンドは空中分解してしまったが、近年トリビュートアルバムのリリース、DVDのリリース等、フィッシュマンズブームがひそかに再来。
オレがフィッシュマンズを知ったのも近年の影響。
この高まりきっかけにフィッシュマンズ再活動ムードが高まり、昨年ライブが行われた。
もちろんボーカル佐藤はいないので、ボーカル以外のフィッシュマンズメンバーに、山崎まさよし・UA・ハナレグミ・原田郁子等がボーカルとして参加したもの。
今年になってからもこのライブのドキュメンタリー映画も公開されたり、DVDの再発など、現在空前のフィッシュマンズブームなのである。
ボーカル佐藤在籍時よりも現在の方が人気があるのではないかという話さえある。

とにかく、フジもこの昨年のライブのスタイルがとられるのであろう。
すごい、夢みたい。
[PR]
by youthk_tonebender | 2006-05-14 23:40

レッツゴー午前3時

えっ!
ストロークスとモグワイ両方は見れんの?!


フジロック過去の出演アーティストを見ながら、想像しただけで頭の中の住人達がパーティー。現在深夜3時。

・ハイロウズ⇒フーファイターズ⇒レイジ⇒イエモン⇒レッチリ

・エリオットスミス⇒フーファイターズ⇒ケミカル⇒ブランキー(解散)

・テレビジョンの次の日同じステージでホワイトストライプス⇒パティスミス

・ピクシーズ⇒ルーリードの二日後リバティーンズ⇒JET⇒ホワイトストライプス

・ブンブン⇒マーズヴォルタ⇒シガーロス

・ナンバーガール⇒(ダッシュすれば間に合うと信じたい)スーパーカー⇒モーサム


その他ベック、ビョーク、イギーポップ、その他もろもろ・・・知らんかった・・・


こんなの見てるとミッシェル、ブランキー、ハイロウズとか一番でっかいステージでやれる日本人ロックバンドが減ってきてるのでは。
そろそろモーサムか?!
いや、でかいステージは似合わん!!
[PR]
by youthk_tonebender | 2006-05-13 03:23

キャーーー

ストロークス決まってしまった……
ストロークス・ソニックユース・フランツ・モグワイ!
ひえーどうしようどうすればいいんだオレは。


たぶんオレの予想ではストライプスのジャックホワイトの新バンド・ラカンターズも来ると予想しているのである。
[PR]
by youthk_tonebender | 2006-05-11 16:22

僕は待ち人

高校の時、「大学に行ったらいくらでもバンドやっていいから」と言われた。

だからバンドをやるために大学へ進学した。

自分は大学の4年間のうちにスカウトされ、音楽で食っていくものだと思い込んでいた。

自分は就職活動なんて無縁だと思っていた。

そんな自分を拾ってくれる企業があった。

俺は一年後には、音楽なんてまったく関係のない大企業の一員となる。

未練がないわけではない。

バンドがなくなるのが怖い。

バンドなしで、自分の存在意義を問うことができるだろうか。

今は現実味もなく、よく分からない。

分からないからとりあえずヴェルヴェッツを聞くことにしよう。

それはこれからも間違いなく変わらない。
[PR]
by youthk_tonebender | 2006-05-04 03:55