<   2009年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

暮れる

f0031346_17301476.jpg

今年も終わりますねー。
今年は何をしてたかあんまり覚えてませんが、やっぱりけっこう自分勝手にやってたと思います。
でもいろんな方面の人の繋がりに支えられてやってきたのは間違いなく、どうもありがとうございました。
やはり27年も生きてるとこんなオレでも気付くと周りに人が増えてるのが、うれしいです。

今年はいろんな人が亡くなりましたが、
これもやはり長く生きてると自分の憧れる人達がいなくなるのもある意味仕方ないことだろうし、
これからも切っても切れない話でしょう。

ミッシェルガンエレファントのベスト盤についてたTV出演映像集を見ながら大晦日を過ごしています。
97年のヘイヘイヘイ、カッコよすぎて涙が出ます。特にアベ。

よいお年を
来年もよろしくおねがいします

2009.12.31

thee michelle gun elephant - バードメン[Live]

[PR]
by youthk_tonebender | 2009-12-31 17:30

2009のフラッシングウインズ

2009年よく聞いたCD
今年リリースされたCDとは限らず、
ジャンル問わず。


フラッシング・ウインズ / ヤン・ヴァンデルロースト&大阪市音楽団

吹奏楽界の巨匠、ヤン・ヴァンデルロースト氏の自作自演盤。
この人が作る曲はどこかポイントを絞ってポップな部分が必ずあり、
それはいかにも日本人が好みそうなポップさだと思う。
というかたぶんヤン氏は日本を好きなんだろうな(知り合いの高校に来たって言ってたし)

今年はオーケストラや吹奏楽CDをよく聞きました。
たまらなく美しい音楽がたくさんあります。
ロック&ポップスでは到底成しえないハーモニーが聴けます。
それらは圧倒的で、感動的です。
そういや今年は、大阪市音楽団を生で見に行ったなぁー。うまかった。



Live / NEW COOL COLLECTIVE BIG BAND

P-VINE RECORDSが定番CD1500円キャンペーンをやっていて、
対象商品はsouliveとかNEW MASTERSOUNDS、baker brothersとか。
買い漁っていた中で、NEW COOL COLLECTIVEという
オランダの爆裂ジャズ楽団のCDに出会いました。
そしてこのバンドについて調べていると、「ブラス隊を含む19人編成のビッグバンドによるライブ盤!」
ってのを発見して、アマゾンで即購入。今年指折りの聞き込みCDとなりました。

ブラス隊の音圧にメロメロ、さらにパルプフィクションのテーマのカバーでは
攻撃的なエレキギターと爆音ブラス隊のコンビネーション、もうたまらんトラック。
さらにBECKのGueroの一曲目(E-Pro)のカバーとかもあり、ボートラのドラムの8ビートほど踊れるものもないでしょう。



BBC SESSIONS / BELLE AND SEBASTIAN

あんまりロック&ポップスのCDを買ってないけど・・・
これはグラスゴーのポップの至宝、ベルセバのライブ盤。
あまり音質が良いわけではないが、2枚目のライブの熱気は良い。
ベルベットアンダーグラウンドのカバー、ビートルズのカバーも1曲ずつあるし、
とっても幸せなCDです。

現にこないだのチェアーズイベントではライブ終演後にまず
ベルセバの配信限定クリスマスソングを1曲流した後、このCDをかけてました。
個人的にはそこまで含めて完璧なセットリストだったわけです。
(終演後のBGMよかったね、とか言ってもらえたら飛んで喜ぶけど、そんなこともなく・・)
完全に自己満ですが、これだけ好きにやらせてもらえて楽しいです。



・次点

popular songs / Yo La Tengo


There Is No Enemy / Built To Spill

やっぱり新たなアーティストを発掘してないから、
ただ好きなアーティストのリリースを並べるだけになっちゃいます。
ヨラテンゴは前回の日本ツアーでは福岡まできたのに、今回は大阪止まり。ひどい。
ビルスピはKeep It ~(1999年作)以来の快作だったと思う。でも飛行機嫌いだから日本には来てくれません。


おととしのと比べると(去年は書いてないみたい)、
今年はあんまり種類を聞かなかったなーと。
結局お前はどのジャンルが好きなんだ、と問われても、全部好き。
来年はさらに多種多様な音楽を!!
[PR]
by youthk_tonebender | 2009-12-31 02:21

どうしようもない悲しい事

f0031346_3134427.jpg

昨日、じいさんが他界しました。

享年85歳、よく生きてくれたと思います。

そうは言ってもやはり、自分が生まれたときから見守ってくれてた人がいなくなるというのは悲しい

それは誰しも経験することだし、
あたりまえのこと

それでもやっぱり悲しい

きっとそれは皆に必要な、大事な悲しみ


それでも混乱の最中、

3年振りに北九州黒崎マーカスにライブに行ってきました

天秤にかけることもできず、
ライブやってる場合かって思ってたけど

行ってよかったです。

大事なことをいくつか思い出すことができました。


それから、大好きなフジファブリックVocal、志村氏にも、ご冥福をお祈りします。
[PR]
by youthk_tonebender | 2009-12-27 03:13